福光潤's Home > 〔タイトル英語〕 > 『斜陽』予告編+日本人の民族細分化説+マッキー

『斜陽』予告編+日本人の民族細分化説+マッキー

ながら族で、ユニクラーで、アキバ系であり、英語イストでもある福光潤でっす♪

「斜陽」という、うれしはずかし昭和の言葉から、夢想してみます。

日本人って、単一民族に近い存在かと思っていましたが、
昭和から平成にかけて、「~」→「~ラー」→「~」と、
民族の細分化が進んできているように思えませんか?

ここらへんで、グループへの所属意識を絶って、
オンリーワンを標榜する「~イスト」をオススメ!

そう自称することで、アイデンティティーを確立できます。
いいかえると、自分勝手に好きなことができます!

たとえば、

「英語イスト」 = なんでも英語学習に結びつけてしまうクセがあるので、人の話を半分しか聞いていないことも多々ある英語学習者。

なんてマイナスイメージの定義!
英語イストのボクに迷惑をかけたらアカンので、
あとで、ボクからボクにお詫びしておきます。
モーマンタイ!

【邦題】斜陽
(1947年、太宰治著、ドナルド・キーン訳)

【英題】The ****ing Sun

【クイズ】英題を完成させましょう!
+余裕あれば英題の意味も♪
(ヒント:なぜ“陽”は“斜”なのか?)
(難易度:太陽族と社用族のルーツがわかるレベル)

タイトル英語で、太宰治特集をやっていますが、
なんだか絶望感ただよってしまいますね。( ▽|||)

マッキー極細の片方が出なくなっただけでも絶望的になり、
捨てようかと思ったけど、マッキーの↓を聴いて、
前向きになり、もう片方も使い切ろうと決心しました!

♪『Firefly~僕は生きていく』 by 槇原敬之を聴けば、
“火の玉”に導いてもらえますからね!

……って、あれ?
「firefly」 =「fire」+「fly」
≠「火」が「飛ぶ」じゃなくて、
=「火」の「ハエ」⇒「蛍」でした!

※答えは次回投稿(『斜陽』+族 → ラー → 系 → イストの変遷)をご覧ください。

その他、個性キラリな翻訳ブログたちはコチラ → ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ♪

コメント:0

コメント送信フォーム
情報を記憶させる?

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURLは、↓コレです。
http://jun.fukumitsu.jp/2008/10/22/trailer-2/trackback/
下記リストは、↓これを参照しているブログへのリンクです。
『斜陽』予告編+日本人の民族細分化説+マッキー from 福光潤の音声入力日記

福光潤's Home > 〔タイトル英語〕 > 『斜陽』予告編+日本人の民族細分化説+マッキー

◆ RSS配信♪

ページの上にもどる