福光潤's Home > 〔twitter〕 | 〔翻訳〕 | 〔英語〕 > アポロ11号の月面着陸中継を、40年後の未来の今、アイス片手に聞くこの幸せ!

アポロ11号の月面着陸中継を、40年後の未来の今、アイス片手に聞くこの幸せ!

この投稿は、

  1. SF+英語
  2. 宇宙開発+英語
  3. アポロ通訳のトリビア

のどれかに興味がある方向けです。

それ以外の方は、最後の「今日の気づき」だけチラ見して、スルー願います(笑)

banner-apollo

アポロ打ち上げの中継を英語で聴く

アポロ11号の月面着陸40周年として、
当時の音声が再放送されていますよ!

NASA – Apollo 40th Anniversary

twitterのちょっぴさんに教えていただきました、ありがとうございます!)

今、ケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)からの打ち上げ待ち。
((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪

ここで、英語表現をひとつ覚えておきましょう♪

予定よりズレているようですが、何度もでてくる英語フレーズ、

「T-minus 数字+時間の単位」

は、発射時刻まで後どれくらいの時間が残っているかという意味。

例:「T-minus 10 minutes」=「発射10分前」

「T」は「(The) Time」のことかな。
ロケット打ち上げ時のカウントダウン用語です。

ほかにも、

「3 minutes away」=「3分前」

「45 seconds and counting」=「45秒、カウント続行」

などがあります。

あと、問題の月面着陸は、日本時間で、7月21日午前11時56分です。

その他の日程は、ウィキペディア「Apollo 11」でおさらいしておこうっと!

ついつい聴き入ってしまって、ブログ投稿わすれてました(笑)

40分ほど前に発射され、月に向かっています!

40年前とは思えない臨場感ですね!

ちょっぴさんから、さらにアポロ11号クルーのtwitterアカウントを教えていただきました!

40年前のリアル音声と、現在の仮想twitterポストが、みごとにマッシュアップ(融合)!

ぜひ、月面着陸時も、報道音声+クルーのつぶやきで楽しみたいと思います!

翻訳トリビア

月面に降り立ったニール・アームストロング(Neil Armstrong)船長の名台詞はこちら:

That’s one small step for (a) man; one giant leap for mankind.

実際には、「a」を発音していなかったけど、
名台詞として引用する際は、こそっと「(a)」を入れといてね~!
というのが、後のアームストロング船長の意向だそうです。

月面着陸中継のNHK同時通訳は、“同時通訳の神様”といわれた西山千さん。
雑音が大きい交信の中でも「man」に「a」がないことに違和感を抱き、
このように訂正訳をしました。

1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな躍進だ

a」がなければ「人類にとっては小さな1歩」となり、後半の「人類」と矛盾します。

同時通訳中に、とっさに訂正して名訳を生むとは、まさに名人芸!

いや神業か!

今日の気づき

無重力の「a」を、文脈でつかもう!

その他、個性キラリな翻訳ブログたちはコチラ → ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ♪

コメント:0

コメント送信フォーム
情報を記憶させる?

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURLは、↓コレです。
http://jun.fukumitsu.jp/2009/07/16/apollo/trackback/
下記リストは、↓これを参照しているブログへのリンクです。
アポロ11号の月面着陸中継を、40年後の未来の今、アイス片手に聞くこの幸せ! from 福光潤の音声入力日記

福光潤's Home > 〔twitter〕 | 〔翻訳〕 | 〔英語〕 > アポロ11号の月面着陸中継を、40年後の未来の今、アイス片手に聞くこの幸せ!

◆ RSS配信♪

ページの上にもどる