福光潤's Home > 〔DVD〕 | 〔本〕 > スタートレックDVD鑑賞+関連アメコミ読了!

スタートレックDVD鑑賞+関連アメコミ読了!

今年の『スター・トレック』映画は、いそがしすぎて劇場に見に行けませんでした…ファン失格? でも、ちゃんとDVDを買ってきて堪能しました! ファン合格! (なんとエンタープライズ号の円盤部にDVDが収納できる!)

スター・トレック DVD

感想は★が∞個! 面白いに決まっています! ま、ファンってそんなもんです(笑)。

特典映像でJ.J.エイブラムス監督が語っていましたが、制作の出発点として、「スターウォーズ的なスタートレックを作りたかった」そうです。

2大SFシリーズの違いをつきつめると、テンポが違うというポイントに到達。『スタートレック』はクラシック音楽だけど、『スターウォーズ』はロック調だと! イタいところを突かれました(^^;)。

そして、まさにロックテンポでスタートレックが生まれ変わりました!スポックは暴れるし、悪者はボッコボコにやっつけられるし(笑)

ファンの間では賛否両論ありますが、ボク的には、新生バットマンと同様に、大歓迎です! 続編が見たい!

もしご覧になっていないSFファンの方は、ぜひレンタルしてみてくださいね。⇒『スター・トレック

あと、アメコミ『Star Trek: Countdown』(104頁オールカラー)も、今日のお昼に読んじゃいました!

映画公開に先駆けて、今年1月から4月にかけて毎月発表された公式コミック4巻(”Countdown, Number One”~”Countdown, Number Four”)が、1冊にまとめられたペーパーバックです。

スター・トレック アメコミ

時は2387年。新スタートレックのメンバーたち(ピカード、ウォーフ、ラフォージ、そしてデータ!?)らが、スポック大使とともに世界の終りを食い止めようとバルカン-ロミュラン領域を奔走します。その過程で、当初は愛国心の強かったロミュラン人ネロが、いかにして復讐に燃える悪者となったのかが描かれています。

映画1本分に相当するんじゃないかと思うほど充実したストーリーで、過去の作品との整合性もピッタリ! 登場人物の個性もうまく引き出されていて面白かったですよ! 日本人にとって英語のハードルは高いかもしれませんが、通常のアメコミより吹きだし内の単語数は少なめ。従来の中黒(・)なしのスタートレックファンにとっては、内容面において映画以上に満足できるはず!

また、光沢のある表紙と黒を基調とした紙面は、映画パンフっぽくて、指紋の跡が気になるほどの高級感が漂っています(笑)。

ファンとしてのひいき目もあるでしょうが、内容から装丁までこんなにパーフェクトなアメコミは初めてですね!

スタートレックファンのために、TV版・映画版とのつながりを記しておきましょう。

ちなみに、あくまで2009年映画版に付随する公式コミックであって、スタートレック史の正典ではないらしい…。

久々にアマゾンレビューを投稿しておきました。→『Star Trek: Countdown

新生スター・トレックのドラマ化を希望!

その他、個性キラリな翻訳ブログたちはコチラ → ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ♪

コメント:0

コメント送信フォーム
情報を記憶させる?

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURLは、↓コレです。
http://jun.fukumitsu.jp/2009/12/04/startrek/trackback/
下記リストは、↓これを参照しているブログへのリンクです。
スタートレックDVD鑑賞+関連アメコミ読了! from 福光潤の音声入力日記

福光潤's Home > 〔DVD〕 | 〔本〕 > スタートレックDVD鑑賞+関連アメコミ読了!

◆ RSS配信♪

ページの上にもどる