福光潤's Home > 〔CD〕 > 水野紗希さん1stソロアルバムCD『Wings』レビュー

水野紗希さん1stソロアルバムCD『Wings』レビュー

「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」で活躍されている水野紗希さんが、1stソロアルバムCD『Wings』をリリースされました。紗希さんとはTwitterがご縁で時々英語談義^^)をさせていただいています♪

水野紗希さん

水野紗希さんの公式アメブロ |★水野紗希さんのTwitter

 

バイオリンの細かく震える音色は、どうしてこうも人の心を揺さぶるんでしょうね。鈴木孝彦さんのピアノ&編曲伊藤修平さんによる編曲のサポートも素敵なこのCD、以下にレビューを記しておきます♪

オリジナル曲『Wings』と、同名アルバム

2012年の5月に、オリジナル曲をYouTubeにアップされたとのツイートを見て、「どれどれ、どんな曲なんやろ?」とリンクをたどったところ、一回聞いてカーン!と骨の髄まで染み込むほどに衝撃が走り、超気に入ってしまいました!

♪水野紗希さん『Wings』

衝撃の理由は、遠い祖先たちがいきいきと生活している情景をありありと思い浮かべてしまったからです! 遺伝子レベルで刻み込まれた懐かしさを感じたとでもいうのでしょうか。太古に栄えた国家、民族、人々といったものの名残は、メディアをにぎわすニュースから公園で風によそぐ木の葉の音にまで、周囲のどこかしらに息づいているものだと信じています。そんな失われた記憶の集積が、この曲の中に感じ取れました。

そして今年の夏の終わりに届いたCD『Wings』には、そんな紗希さんのオリジナル曲たちと有名クラシック曲たちとが半分ずつ収められていました。バイオリン奏者としての演奏力だけでなく、繊細な表現を紡ぐ作曲力までもが披露されたクラシックアルバム。ポピュラー寄りとしても意欲的な作品だなぁいう印象を受けました。マイベストCDとなり、ただいまヘビロテ中!

ご自身のライナーノーツによれば、1曲目を飾るアルバムタイトル曲は、3·11後の被災地での風景と想いから生まれたとのこと。“Wings=翼”で未来に向かって羽ばたいていきたいという願いを込めて作られたそうです。勝手に大昔に思いを馳せていたのが恥ずかしくなりましたが、『Wings』さえあれば過去へも未来へも自在に飛んで行けますね!

 

他の収録オリジナル曲について

お馴染みアヴェ・マリアのメロディから独自に作曲されたという2曲目『Ave Maria~シューベルトの主題による~』は、お母さんへの愛情に溢れています。

特に人気が高くて評判の4曲目『零度』は、悲喜こもごもな感情の間で必死にこらえる健気さ、そして抑えきれずにこぼれ出てしまった激情をもヴェールで包もうとする珠玉の一曲。

フランス語で「午後」という意味の6曲目『Apres-midi』は、大切な人とアールグレイティーを飲みながらゆっくり語らうのにピッタリな曲ですね。

紗希さんのお友達でレスリングの金メダリスト吉田沙保里さんに捧げられた9曲目『Raod』。ロンドン五輪の試合を観て感動して作った曲だそうです。それもそのはず。胸の底、腹の底、心の底からふつふつと湧きあがる力を聴く者に与える大作です。

 

収録クラシック曲について

上記オリジナル5曲の素晴らしさをバーンと前面に押し出してもよかったのでしょうが、紗希さんのご謙遜かもしれません、うまくバランスの取れた大御所クラシック小品を織りまぜています。

ギター曲として慣れ親しんでいた3曲目『スペイン舞曲』(ファリャ作曲)は、自分の中で違った魅力が花咲き、情熱的な技巧に思わず体がスイングしていました(/^o^)/

5曲目『月の光』(ドビュッシー作曲)は、さすがはクロワッサン好きの水野さん^^、お月さまがお似合いです(笑)。

7曲目『亡き王女のためのパヴァーヌ』(ラヴェル作曲)は、とても気持ちのこもった演奏でゾクゾクものの1曲でした。

8曲目『プレリュードとアレグロ』(クライスラー作曲)は初めて聴く曲でした。え? このカッコいい曲、なんと紗希さんが小学1年生の時に初めて弾いた曲だそうです!

アルバムの最後を締めくくるのは、スペイン語で「小さな星」という意味の『エストレリータ』(ポンセ作曲)。こちらもギター曲でしか聴いたことがなかったんですが、紗希さんのバイオリンでとてもロマンティックな曲に変わりました!

 

水野紗希さん1stソロアルバムCD『Wings』の購入方法

おしゃれなバイオリンの音色がいざなう入門クラシック音楽として、激務で疲れた心身を癒やしてくれるヒーリングミュージックとして、そして美しい水野紗希さんのミニ写真集としても(*^.^*)、いつでもどこでも楽しめるCD『Wings』は、全国発売前にメール予約すれば、紗希さんのサイン入りで入手できますよ♪

ご購入方法の説明はこちらのページをご覧ください。

ちなみに紗希さんのサインは、イニシャルの「S」がト音記号になっていてとても可愛いです♪ CDゲットしてぜひ確認してみてください!

 

水野紗希さんの益々のご活躍&Wingsでの飛翔を祈念♪

 

※当記事の音声入力執筆タイム:26分(メモ:3分、録音:5分、修正:1分、編集:2分、推敲:15分)

その他、個性キラリな翻訳ブログたちはコチラ → ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ♪

コメント:0

コメント送信フォーム
情報を記憶させる?

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURLは、↓コレです。
http://jun.fukumitsu.jp/2013/09/03/wings/trackback/
下記リストは、↓これを参照しているブログへのリンクです。
水野紗希さん1stソロアルバムCD『Wings』レビュー from 福光潤の音声入力日記

福光潤's Home > 〔CD〕 > 水野紗希さん1stソロアルバムCD『Wings』レビュー

◆ RSS配信♪

ページの上にもどる