サイトリニューアル中です(^^;)

音声入力ネタ、ようやくスタート!

11月になりました!

先月から始めたこのブログ。
『福光潤の音声入力ブログ』というタイトルなのに、
まだ音声入力ネタを全然やっていませんでしたね。

翻訳(英訳)では、8割以上を音声入力に頼っています。
日本語入力の方は、変換のわずらわしさもあるので、
音声入力とキーボード入力は5分5分といったところでしょうか。

このブログ記事は、ほとんど音声入力ですけど。

たとえば、上のパラグラフの「翻訳(英訳)では、」は、
ほんやく 括弧開く えいやく 括弧閉じる」と言って入力しました。

でも、素直に入力されません。
翻訳(契約)では、」となってしまったのです!

そこで、「選択 けいやく」と言うと、候補ボックスが開き、
その中から正しい「英訳」をクリック(または「○番を選択」と言う)。
すると、「翻訳(英訳)では、」となります。
(句読点は自動で挿入される設定)

こんな感じで、音声入力のコツ・活用法など、
音声認識ソフトやら、マイクなどの音声入力デバイスやら、
実体験に基づいて、少しずつ投稿していこうと思います。

とりあえず、今は、頭ン中やメモたちを整理する意味もかねて、
タイトル英語やら作詞した歌詞など、入力したものを投稿しているだけですけど。

今日の気づき:

[tegaki]音声入力は、キーボード入力と同じく、[/tegaki] [tegaki]英語より、日本語の方が、時間がかかる![/tegaki]

2 Comments

しんまん

そんな意味合いがあったのですね、このタイトルには。
はじめて気がつきました。
昔、携帯であったような気が・・・・声の質にもよるんでしょうね。
私の声は、聞き取りにくいみたいでしたよ。

福光潤

音声認識エンジンは、携帯電話やカーナビへの導入が多いですね。
医療現場ではかなり実用化されているようですよ(暗いレントゲン室など)。
今使っているのは、自分の声を学習してくれるものなので、
けっこういけます。
ハッキリ発音してもアカン場合はアカン~!って落ち込むし、
ゴニョゴニョ言っても100%認識してくれて感動することも多いし、
悲喜こもごもで奥が深いです、音声入力は^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください